千葉県議会議員 小宮清子の公式ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

流山市の焼却灰 前途多難

流山市の焼却灰は、今どうなっているのか。炎天下、クリーンセンターに行って、仮置きの状況を見せてもらった。最新の焼却灰の放射能測定値については明日でるとのこと。場内につくられたテントにはフレコンパックが以前 きた 8月1日から一月半で、増え続けほぼびっしり状態。さらに、森のエコセンターへ行く。燃やせなくなった草や枝が、どのような状態で置かれているのか知るために。なんと言っていいのか現実を前にすると、言葉も出ない。次から次と運び込まれている。この草の山、枝葉の山どうするのか。原発のつけが、こんな形で市民生活を脅かすとは。人の手におえない放射能 絶対に手を出すべきではない。脱原発にしっかりと向かって行くしかない。
気になる事。農林水産省発表の農地の土壌に含まれる放射性セシウムの濃度分布。明日調べよう。
スポンサーサイト

| 清子の日記 | 23:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT